各種保険対応

Tel

LINEお友達登録で
カンタン予約

Tel.03-6438-9677 平日11-20時、土日12-18時月火祝日定休

ネット予約

LINEお友達登録でカンタン予約
ネット予約

ネット予約

Online reserve

医院のブログ

Clinic Blog

2022.5.9

歯を失ったときの治療法ブリッジ・入れ歯・インプラントの特徴

ハピュアデンタルクリニック六本木

虫歯,歯周病や外傷等の理由で歯が欠損することがあります。欠損のままだと審美障害や噛みづらい等の問題が発生します。

歯が欠損したところに対する治療方法としては、

  1. ブリッジ
  2. 入れ歯
  3. インプラント

の3種類が挙げられます。

これらにはどのような特徴があるのでしょうか。

そして保険診療でも受けられる気になりますよね。

今回は、①ブリッジ②入れ歯③インプラントの特徴や保険適応の有無などについてお話しします。

①ブリッジ

ブリッジは、失われた歯の両側の歯に被せ物をつけて、その被せ物とポンティックという人工歯を一体化させることで、失われた歯を補う治療法です。

歯に直接接着しますので、取り外しできません。

メリット

  • 歯の形に近いので目立ちにくい
  • 入れ歯よりもコンパクトなので違和感が少ない
  • 歯に接着するので、歯磨きのときに外す必要がない
  • 入れ歯よりもしっかり噛める

デメリット

  • 被せなければならないので、歯を削る必要がある
  • 歯を削ることで虫歯や知覚過敏を起こすリスクがある
  • 外せないので、特に人工歯部のお手入れが難しい
  • 原則的に失われた歯が3本以上ある場合は適応外
  • 金属材料をたくさん使うので入れ歯よりも高額

②入れ歯

入れ歯は、人工歯と床(しょう)という部分で構成された取り外しタイプの人工の歯です。

少しでも歯が残っている場合は、歯にクラスプという金具を引っ掛ける部分入れ歯、全く歯がなくなってしまった場合は総入れ歯になります。

メリット

  • 歯を削らなくてもいい
  • 補うべき歯の本数に制限がない
  • 取り外せるのでお手入れがしやすい

デメリット

  • 事中に食べ物が内側に入り込む
  • 食事のたびに外して洗わなくてはならない
  • ニオイの原因になることもある
  • 異物感が大きい
  • 噛む力が強くない
  • 歯肉が痛くなることがある
  • 落とすと割れることがある
  • 小さい入れ歯は外れたときに飲み込んでしまうリスクがある

③インプラント

インプラントは、チタンで作られた人工の歯根を顎の骨に埋め込み、それに上部構造という人工歯をつけることで、失われた歯を補う治療法です。

メリット

  • 仕上がりが本物の歯と同じほどに審美性が高い
  • 他の歯に負担をかけない
  • 普通の歯と同じように噛める
  • 普通の歯と同じように歯磨きできる

デメリット

  • 治療費が高額
  • 外科手術が欠かせない
  • 支えとなる骨が十分残されていなくてはならない
  • 骨の厚みが不足する場合は、骨を増やす手術が必要

保険診療で受けられる?

ブリッジ、入れ歯、インプラントともに、保険診療の適応を受けたものもあれば、そうでないものもあります。

①ブリッジ

ブリッジには、保険診療の適応を受けたタイプとそうでないタイプがあります。

保険診療の適応を受けたタイプは、金銀パラジウム合金とコンポジットレジンというプラスチックの組み合わせによるブリッジです。

審美性という点ではあまり良いとはいえません。

保険診療の適応外のブリッジは、セラミックを使ったブリッジです。

今までは、陶材焼付鋳造冠というセラミックの内側を金属材料で補強したタイプが主流でしたが、近年は内側もジルコニアというセラミックで製作したオールセラミックタイプのブリッジも普及しています。

セラミックを使ったブリッジは、本物の歯と同じような審美性の高さが特徴です。

また、セラミックブリッジは、虫歯や歯周病の原因となるプラークがつきにくく衛生面でも優れています。

②入れ歯

保険診療の適応を受けているのは、床がコンポジットレジンやスルフォンなどのプラスチックが主体で作られている入れ歯です。

一方、保険診療の適応外の入れ歯は、床の部分に広く金属材料を使っています。

金属材料を使うことで、厚みが薄くなり舌触りがよくなりました。

また、食べ物や飲み物の温度が感じやすくなり、使っているときの違和感が少なくなっています。

なお、以前は磁石を使って安定を図るタイプの入れ歯は保険診療の適応外でしたが、今は保険診療にも導入されています。

③インプラント

インプラントは、自費診療というイメージがありますが、”広範囲顎骨支持型装置”という名前で保険診療での治療が認められています。

ただし、保険診療の適応を受けているのは、腫瘍や骨髄炎、外傷などにより、顎の骨を大きく失った方が、基準に適合した病院でインプラント治療を受ける場合に限られています。

このようにインプラント治療は保険診療で認められる場合の条件がとても厳しいため、大多数の方は保険診療でインプラント治療を受けることができません。

したがって、インプラント治療イコール自費診療と思っていただいて間違いではありません。

まとめ

今回は、歯が抜けたところを補う治療法についてお話ししました。

歯が抜けたところを補う治療法は、

①ブリッジ

②入れ歯

③インプラント

の3種類です。

それぞれにメリットとデメリットがあるだけでなく、ブリッジと入れ歯は、保険診療の適応を受けたタイプとそうでないタイプで、特徴に違いがあります。

抜けたままでおいておくと、単に噛めないというだけでなく、隣の歯が傾いてきたり、噛み合わせている歯が伸びてきたりすることで歯並びも変わってしまいます。

歯を失った場合は、今回ご紹介したことを参考に、適切な治療法を選んでください。